本文へスキップ

曾屋神社は、神奈川県秦野市に鎮座する、近代水道「曾屋水道」発祥の湧水地です。

電話でのお問い合わせはTEL.0463-81-0805

〒257-0031 神奈川県秦野市曽屋1-6-10

御神水「井之明神水」recruit

 境内に湧出する御神水「井之明神水」(いのみょうじんすい)は、近隣の氏子の方をはじめ、ご遠方からも、豊かで清冽なお水を求めて、日々賑わっております。
 この湧水は、秦野の上水道の歴史上、特筆すべきものです。
往時は、この地域では井戸を掘っても水を求めづらく、唯一湧き出ていた「井之大明神・井之明神社」(曾屋神社の旧称)と、乳牛水神*の湧水の二か所の水源を利用して生活を営んでいました。現在でも古い水路が残されています。年配の方の証言では、ウナギや小魚なども泳ぎ回っていたそうです。
 古い絵図を見ても、曾屋村の頂、高い位置に鎮まる神社のもとに街並みが形成されているのがわかります。
およそ150年余り前、安政5年には、氏子の佐藤安五郎氏が巨費を投じて隧道を完成させ、水源の増水に成功しました。
 その後時代は流れ、近代水道の発展に伴い、明治23年には、横浜、函館に次いで全国で3番目となる「曽屋区水道」が敷設されました。この水源が神社湧水と、隣接する乳牛(ちゅうし)地区の湧水でした。現在でもこの地域は水神町となっています。
 昭和の40年代以降、生活様式も上水道にたよる形となり、神社湧水も境内地の湿地化など、事情により一旦埋められることとなりました。しかしながら、平成になり、ご祭神ゆかりの水が復活されることが望まれるなか、平成16年に旧湧出口発見に至り、見事「御神水復活」の日の目をみました。
そこで旧社名「井之明神社」にちなみ、「井之明神水」と命名されました。
 平成29年10月には、神社境内の遺構も含め、「曽屋水道」が国登録記念物(遺構関係)に登録されました。

『命の水』

平成16年12月、元宮より、水波能売命、御井神の御分霊を、
真新しい「井之明神社」にお祀りする様子が伝えられました。(神奈川新聞)


「妹背石」
いもせ石と呼びます。妹背とは“夫婦・男女”のことです。
御神水復活にあたり、水鉢を探していたところ、縁あって珍しい石に出会いました。
その石は真鶴で採石されたもので、大きくは「楕円形」であり、石工さんが石を割ろうと石矢を一回打ったところ、中が綺麗な凹凸状になっていたそうです。
この男女・雌雄一対の、珍しく縁起のよい形状から「妹背石」と命名し、
それぞれを「男石」「女石」と呼びます。


         
このページの先頭へ

曾屋神社

〒257-0031
神奈川県秦野市曽屋  1-6-10
TEL.0463-81-0805