本文へスキップ

水ゆたかな郷の鎮守さま

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0463-81-0805

お問合せ・ご予約はこちら

「 神 棚 」kami−dana

我が家の「力」の源 “神棚”

最近の流行といいましょうか、「パワースポット」として、多くの神社も採り上げられています。
遠方まで足を運ばれて、お参りされる方も多いでしょう。それもまた素晴らしいことであります。
しかしながら、遠い昔から現在まで、祖先から、そして今の我々に至るまで、家の中に棚を造り、そこに「宮形」(みやがた)を置き、遠方の神様、地元の神様、自身が篤く信仰する神様達のお神札や、神様の像を祀(まつ)り、「家の安全」「家族の健康」「商売の繁盛」云々・・・。
朝一番には「今日も一日お願いします」、晩には「一日無事に過ごせました」等々、神棚に向います。
「神棚」の次には「仏様」・「仏壇のご先祖さま」という具合に。

今のお住まいに「神棚」はなくとも、「実家の神棚」、「おじいちゃんの家の神棚」を知っている方は多いはずかと思います。
現代の生活様式の多様化、住宅事情を含め、「神棚」のみならず、「仏壇」の“無い”家庭が多いかと思います。

毎日、神社にお参りすることが出来なくとも、リビングの「神さま達」に向かってみて下さい。
声に出さずとも「リビング・居間」でお参りすることで「元気をいただく」、「気分転換」、「今日のテスト頑張れますように」、「風邪が早く治りますように」、「明日からは頑張ります・・・」。

「神棚の神様」と向き合うことで「ご自身」と向き合えますし、様々な思いも湧いてきます。
ご自宅の「神さま」を通じて、「ご家族」「ご夫婦」の“絆”も強くなるはずです。

 “家を新築したが、棚を造りたくない”

 “部屋がそんなに広くない”

 “部屋の雰囲気に合わない”
 
 “親が亡くなったので、神棚を処分したい”

 神棚を拝んでいた祖父母、父母、それを見ている子供たち。
是非、皆様のお宅でも「神棚」お続けください、また“始めてみませんか”


明日から始められる「神棚」のご紹介
「神棚」を設け、「お神札」をお祀り(おまつり)するにあたり、まずは「お祀りしようとする心」が要であることは言うまでもございません。家の中に「神棚」があるだけ、「お神札を置いてるから安心」ではなく、「向き合う気持ち」があって「神さまと通じ合う」ことが出来るのです。
「神棚・お神札」をお祀りするにあたって、以下整えて頂きたいことは、
一、清浄にしておくことができるところ。
一、お神札を「南向き」もしくは「東向き」におまつりする。
一、出来る限り、仰ぐことが出来るような位置(大人の目線の上方)
一、棚が無い場合、「半紙」や「白い布」など敷く。
となりますが、「明日から始められる」ように、いくつか事例を紹介させていただきます。

@ 「飾りだな」「チェスト」のような場所にお祀りした場合
※用意したもの〜「神宮大麻」(伊勢神宮のお札)
           神奈川の神社で無料で頂いた「宮形」
           ホームセンターで購入した「祭器具セット・中」
           スーパーや花屋さんで売っていた「榊」 
           半紙が無かったので「子供の持っていた色紙」を敷いた。




A 「床の間」にお祀りした場合
※用意したもの〜「神宮大麻」(伊勢神宮のお札)
           神社で求めた「お札立て」
           ホームセンターで購入した「祭器具セット・中」
           スーパーや花屋さんで売っていた「榊」 
           半紙が無かったので「子供の持っていた色紙」を敷いた



B リビングの「壁」にお祀りしてみた場合
 ※用意したもの〜「神宮大麻」(伊勢神宮のお札)
             曾屋神社のお札と護国神社のお札
             ホームセンターで購入した「額」





ほんの数例のご紹介となりますが、「疑問・質問」はお近くの神社・神職に
お尋ね下さい。
ご紹介した「神宮大麻」は、全国の神社でお受けいただけます。
「神棚の宮形」(神社の形を模したもの)のお取り寄せや、ご紹介に関しても
是非、お問合せください。







ご案内情報

曾屋神社( そや じんじゃ )

〒257-0031
神奈川県秦野市曽屋1-6-10
TEL.0463-81-0805
FAX.0463-81-9995
→アクセス

TweetsWind