本文へスキップ

水ゆたかな郷の鎮守さま

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0463-81-0805

お問合せ・ご予約はこちら

おまつりomaturi


元日より大晦日に至るまで、日々、神社では「まつりごと」を行っております。
御神前に朝・夕捧げるお食事「日供」、月ごとのおまつり、一年に一度の「例祭」等々。
日々のおまつりが繰り返され「いのり、感謝」が連綿と続いております。


例 祭〜れいさい

7月10日〔本殿祭〕
神奈川県神社庁より献幣使をお迎えし、氏子総代をはじめ、関係者参列のもと斎行されます。















料理イメージ7月20日前後の土・日曜日〔神幸祭〕
神社神輿一基をはじめ、各氏子町内の神輿が、御霊入れの後、両日氏子地域を巡行いたします。
二日目の午後8時に宮入し、還御祭が斎行されます。



節分追儺祭〜せつぶんついなさい
2月3日、暦の上で立春の前日にあたるこの日、様々な邪気を祓い退け、新しい年を迎える神事・行事です。
氏子をはじめ、年男・年女、厄年の人達が参列のもと祭儀が行われます。その後、豆打ちを行います。
当神社では久しく中断しておりましたが、平成19年より再開されました。
豆打ちの合間には、地元「秦野観光和太鼓」の皆さんによる、奉納演奏なども行われ、敬神婦人会による模擬店、協賛する大道商和会による模擬店・福豆抽選などもございます。

祈年祭〜きねんさい

2月17日斎行
その年の様々な収穫・みのり、諸々の産業が栄えんことをご神前に祈念するおまつりです。
氏子総代参列のもと斎行されます。
夏越大祓〜なごしおおはらえ
一年の半分に当たる日、半年間の祓いをして更なる活力を得るおまつりです。
茅の輪くぐりの神事に続き、「井之明神水」で人形流しを行います。












新穀感謝祭〜しんこくかんしゃさい
11月23日に斎行されます。2月の祈年祭に始まり、新穀・初穂をご神前に進め捧げ、その年に頂いた様々な収穫・恵みに感謝するおまつりです。




ご案内情報

曾屋神社( そや じんじゃ )

〒257-0031
神奈川県秦野市曽屋1-6-10
TEL.0463-81-0805
FAX.0463-81-9995
→アクセス

TweetsWind