本文へスキップ

曾屋神社は、神奈川県秦野市に鎮座する、近代水道「曾屋水道」発祥の湧水地です。

電話でのお問い合わせはTEL.0463-81-0805

〒257-0031 神奈川県秦野市曽屋1-6-10

年間祭儀company

おまつり 神社での祭祀(さいし)

 神社では、朝夕、神前にお食事を供え、一日一日の祈りと感謝をささげる「日供祭」、そして
 月ごとに「月首祭」・「月次祭」(つきなみさい)を執り行い、神社の大祭(たいさい)となる
 「例祭」・「例大祭」や「祈年祭」、「新穀感謝祭」などが斎行されます。
 その他、「歳旦祭」に始まり、師走の大祓(おおはらえ)まで、大小様々な「おまつり」を執り行っています。

例祭

毎年7月10日、例祭「本殿祭」が斎行され、20日前後の土日の二日間にわたり「神幸祭」が行われ、神輿が巡行いたします。


夏越大祓(なごしおおはらえ)


茅の輪

チガヤを神職自ら採取し、編み込み、円形に仕上げます。
参列員、参列者で揃って大祓の詞を奏上し、「祓の物」(はらえのもの)で祓の儀式を行います。
その後、神職の前導のもと茅の輪を、唱えことばや和歌を念じながら、くぐります。「茅の輪神事」。
さらに、「井之明神水」の清い流れに「人形・形代」を流し、半年間のお清めを致します。
毎年六月三十日、一年の半分にあたるこの日に行っています。
半年後の大晦日には、日が落ちる頃、宮司が「大祓詞」(おおはらえことば)を境内で奏上します。

曾屋神社

〒257-0031
神奈川県秦野市曽屋  1-6-10
TEL.0463-81-0805